【花粉の種類】春だけではない!花粉は1年中飛んでいるんです!

スギ花粉 季節

毎年、暖かくなってくると私たちを苦しめる花粉たち。

厳しい冬の寒さも終わり、暖かい木漏れ日が気持ちいいなんて思ってる矢先、目がかゆい、鼻がムズムズ、くしゃみが止まらない…。

暖かい風とともに奴らは姿を見せずにやってきます。

 

花粉は、春先のスギ花粉がとても症状が辛いので、春だけ耐え凌げばというイメージが強いと思われますが、実は姿を変えて1年中飛んでいることを知っていましたか?

さらに言えば、春に飛んでいる花粉はスギ以外にも種類があるのです。

 

「花粉症じゃないからいいやー♪」と話してる皆さん!

いずれ来るかもしれない花粉症の恐怖に知識だけでもつけておくのもいいかもしれませんよ!

春はスギ花粉とヒノキ花粉!

花粉症の代名詞と言えばスギ花粉ですね!

スギ花粉

2月から4月にかけて飛散する「スギ花粉」は日本で1番の花粉症の原因であります。

その理由として、スギは日本古来より優れた材木として神社仏閣などで利用されていました。

さらに戦後には北海道、沖縄を除く日本全国でスギの植林が行われています。

スギ花粉が皆さんを苦しめている原因は、このような歴史背景があったからなんです。

スギの後はヒノキが飛んでいる?

高級建材であり、檜風呂としても使われ皆に愛されているヒノキが、実は3月から5月の春後半にかけてスギに代わり飛散し始めます。

ヒノキ花粉は、福島県南から九州地方にかけて広い地域で植林されており、スギ花粉と同等の勢力を持って人々を苦しめます。

春前半に「花粉症ではないんだよねー!」と言っていたのに、後半になって症状が出てしまう人はヒノキ花粉が原因だったのです。

スギ花粉症の約7割の人はヒノキ花粉症でもあるので症状はダブルパンチであります。

 

花粉は1年中飛んでいる⁉︎

春の花粉

シラカンバ

本州での主な春花粉の原因はスギ、ヒノキですが、北海道で猛威を奮っているのはシラカンバ花粉です。

北海道の高原で、真っ白い樹皮に所々黒のコントラストが混じっている細く高いアノ木です。

別名はシラカバ、さらには「高原の白い貴公子」とも呼ばれているとか。白い幹のシラカンバたちが立ち並ぶ景色は美しく圧巻であります。

夏の花粉

5月頃より飛散し始めるのはイネ花粉です。

樹木の花粉とは違い風に乗って遠くまで飛ぶことはないものの、秋頃の稲刈りの時期まで飛散しています。小麦アレルギーが発症してしまうなんてことも。

秋の花粉

ブタクサ

秋の花粉で有名なのがブタクサです。なんか物凄い名前が付けられていますが、この草は明治初期にアメリカからやって来た外来種で、なんと日本で初めて見つかった花粉症なんです。

春の花粉ほどではないブタクサですが、今後温暖化の影響により被害は2倍にも3倍にも膨れ上がると予想されている現在注目度No1花粉。

 

秋の花粉は他にもヨモギカナムグラといった花粉たちが飛散しています。

ブタクサもですが、これらは道端、河川敷、公園などに生えているためとっても身近に生息しており、目や鼻の症状が強い春花粉とは若干異なり、秋の花粉は喉や肌に症状が出易いのです。

あまり聞き覚えのないカナムグラという草は、本当にそこら中の道端に生えてる雑草で、簡単に切ることが出来ないツルを持っているのが特徴的、「力強い人」という花言葉が付けられてしまうほど。

冬の花粉

気温が寒くなってくると、花粉も落ち着いては来ますが僅かながらに花粉は飛散しています。風邪かと思っていると実は花粉症であったということもあるそうなのです。

そして、まだまだ寒さが厳しい2月に入ると、我々を苦しめる最強のスギ花粉が飛び始めます。2月でもう飛散していたなんて驚きですよね。

 

世界の花粉事情!

花粉症は日本人だけのものなんて勝手なイメージを持っていましたが、それは大きな勘違い。

世界の花粉事情を紹介していきます。

外国人がマスクをしている姿ってあまり見かけない気が…。

ヨーロッパ、カナダではイネが猛威!

カナダの国旗

日本では春のスギ花粉が強敵ですが、カナダやロシア、ヨーロッパ各国では夏に飛散するイネ花粉が猛威を奮っています。

 

カナダでは、国旗に描かれている国花のカエデも花粉症の原因であります。せつない…。

 

そして、世界で初めて花粉症という病状を発見したのはイギリスでした。日本ではなかったのですね。

ブタクサがアメリカでの脅威!

日本でも秋に被害にあっているブタクサ花粉が出産国であるアメリカで一番の猛威を奮っています。

そして、なぜかアメリカ人はマスクをする人が少ないという。

 

南半球のオーストラリアや南アフリカでも花粉症はあり、季節が逆転しているので9月〜3月頃までが花粉症のピークなんです。

 

まとめ

今回は、「花粉は春だけではなく1年中飛んでいる」というテーマで紹介しました。

 

日本の花粉症の一番の原因は、春に飛散するスギ花粉とヒノキ花粉。

夏になるとイネ花粉が飛び始め、秋にはブタクサ花粉と、症状に違いはあれど1年中飛んでいました。

さらに花粉症の猛威は日本に留まらず、ヨーロッパではイネ花粉、アメリカではブタクサ花粉と全世界の問題でもあったのです。

 

現在、花粉症ではない方も突然発症してしまう場合もあるので、知識をつけて予防をしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました