【レム睡眠ノンレム睡眠】時間より質!睡眠は健康への第一歩!

睡眠 健康

朝スッキリ目覚める事ってとても素晴らしいですよね!

当たり前のような事なのですが、これが出来ている人って結構少ないのでは?

さらに睡眠障害は多くの病気に影響する恐れがあるのをご存知でしょうか。

質の良い睡眠を取ることは昨日の疲れを今日に残さないだけでなく、健康を維持するためにも大変重要なことなのです。

1日の約3分の1の時間を費やしている睡眠ですから、素晴らしいものに変えていきましょう!

レム睡眠とノンレム睡眠を簡単に解説!

睡眠

睡眠している時に人間は「レム睡眠」「ノンレム睡眠」が交互に行われているのは有名な話であります。

「どっちがどっちだっけー!」というのはそこまで重要なことではありませんよ。

単純に「浅い眠り」「深い眠り」ということです。

それではこれをちょっと詳しく。

浅い眠りの「レム睡眠」

睡眠

レム睡眠とは、脳が活動しており、記憶の整理などをしています。夢を見ているのもこの睡眠中です。

目もピクピクと動いています。寝た振りをしているわけではないですよ。

「急速眼球運動」(Rapid Eye Movement)のREMからきてるわけです。

 

人間は睡眠に入ると、まずは深い眠りに入ります。

1時間ほど経過した辺りからどんどんと浅くなりレム睡眠へと切り替わります。

深い眠りと浅い眠り(レム睡眠)が約90分置きに繰り返され、後半になると深い眠りもなくなりレム睡眠の時間が長くなっていきます。

いつも夢を見てる途中で起きるのも説明がつきますね。

深い眠りの「ノンレム睡眠」

睡眠

ノンレム睡眠とは、脳と身体が休息していて疲労回復をしている状態です。

ノンレム睡眠には段階があり、一番深い状態が「熟睡」ですね。

睡眠に入るとすぐに一番深い眠りに入ります。このときに熟睡出来るかどうかで眠りの質が変わってきます。

交互に変わるレム睡眠とノンレム睡眠で眠りはどんどん浅くなっていくからです。

最初の1時間が勝負というわけですね。

 

睡眠障害による健康への影響!

睡眠中も血圧が上がってしまう⁉︎

レム睡眠は浅い眠りですので、ちょっとした音や光の刺激で目が覚めてしまいます。

年齢を重ねるにつれて、深い眠りである「熟睡」の時間が減少していきレム睡眠の時間が長くなっていく傾向にあるそうです。

これにより、何時間寝ても「よく寝たー!」という感覚にならないのです。

 

質の良い睡眠を取れず睡眠障害に陥ると、高血圧のリスクが高まってしまいます。

人間の血圧は、起床からどんどん上昇していき夕方を境に低下、睡眠時には低くなっているといった状態です。

しかし、脳が活動している状態であるレム睡眠の時間が長くなってしまうと、血圧は日中の活動時と同じくらいの値を出してしまいます。

これにより高血圧を引き起こしてしまうのです。

さらには、睡眠時の高血圧は「心筋梗塞」や「脳卒中」の恐れもあるのです。

睡眠不足は血糖値が上昇⁉︎

糖質

睡眠を十分に取れないと、「糖尿病」になる可能性があります。

「睡眠と糖?」って思うところなんですが、本当にそうなんです。

 

ほとんどの人が毎日食べているお米やパンや麺は「炭水化物」という栄養素がたくさん含まれております。「お米=炭水化物」と言ってもいいほど。

炭水化物は人間が生活する上で大切なエネルギーとなるのですが、炭水化物は糖質と食物繊維から出来ており、摂取すると血液中の糖濃度が増え血糖値が上昇します。

血液中の糖をエネルギーへと変えてくれるのが、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモン。これにより通常であれば血糖値は下がります。

しかし、満足な睡眠を得られないとインスリンの効果が低下してしまい、血糖値が上手く下げられずに糖尿病の危険性が高まってしまうというのです。

 

睡眠障害の影響はこのようなところにまで出てしまうのですね。

ちなみにお米の糖質は角砂糖14個分、パンは9個分なんですよ。食べ過ぎには注意しましょうね!

 

【糖質制限ダイエット】どんな仕組みなのか超簡単に解説してみる!
ダイエットは女子も男子も日々の悩みですよね。 好きなものを気にせず食べたいけど太ったら嫌だなとか…。 美味しいものはカロリーが高いと誰かが言ったりもしてました。 世の中にはダイエットに悩む人も多く、たくさんの方法が...

 

まとめ

今回は、「睡眠のメカニズムと健康」というテーマで紹介しました。

 

睡眠には「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という深い眠りと浅い眠りがあります。

それが交互に行われ、どれだけ熟睡出来るかで疲労回復に繋がり、どのタイミングで起きるかでスッキリした目覚めとなります。

 

質の良い睡眠を取ることが出来ないと、高血圧や糖尿病などで健康にまで影響を及ぼしてしまうので、毎日の睡眠を上手に取っていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました