【指輪の意味】どの指につけるかで全く意味が変わるのです!

薬指 指輪 アクセサリー

指輪と言えば、「婚約指輪」「結婚指輪」、恋人同士であれば「ペアリング」を左手薬指につけますよね。パートナーがいるんだなという暗黙の了解と言いますか。

 

では、左手薬指以外の指に指輪をつけるとどのような意味が込められるのでしょうか?

右手左手全ての指にもちゃんと意味と名前があるのです。

これを知っておけば、自分の目指すべき思いや、指輪をつけている相手が何を求めているのかが理解出来て、もっと指輪をつけることが楽しくなるのではないでしょうか。

「ピンキーリング=小指」自分の魅力を発揮しチャンスを呼ぶ!

小指 指輪

左手

左手小指に指輪つけると、出会いを引き寄せ、チャンスを呼び込んでくれる

新しいことをしたいと思っている方は是非!

右手

右手小指に指輪つけると、表現力が豊かになり自分の魅力がUPされる。

人間関係を円滑にし、好感度を上げて幸せをつかみましょう!

 

「アニバーサリーリング=薬指」愛を誓い、そして自分らしく

薬指 指輪

左手

誰もがご存知である左手薬指は、愛や絆を深め誓いをたてる指であります。

昔から、心臓と薬指は一本の血管で繋がっていると考えられていたとか。

右手

右手薬指に指輪をつけると、周りに流されず自分らしさを出し自信を持てるようになる

心の安定によりリラックス効果にもなるそうですよ。

 

「ミドルフィンガーリング=中指」判断力と行動力を強めてくれる

中指 指輪

左手

左手中指に指輪つけると、協調性を高め周りとのコミュニケーションが上手になる

人間関係で悩んでいる方はこの指に!

右手

右手中指に指輪つけると、インスピレーションが湧き、意思を強く持てるようになり、自信を持って行動にうつせるようになる

邪気から身を守ってくれるという効果も。

 

「インデックスリング=人差し指」進むべき道を指し示す指

人差し指 指輪

左手

左手人差し指に指輪をつけると、性格が活発となり積極的な人間となります。進むべき方向を示してくれる。

昔、権力の象徴としてこの指に指輪をつけていたり、結婚指輪も人差し指であったそう。

右手

右手人差し指に指輪をつけると、リーダーシップを発揮し物事を良い方向へと導くとされています。

人や方向を指すときに使う指ですから、とても力強さを感じますよね。

 

「サムリング=親指」勇気をもたらし難関に立ち向かう!

親指 指輪

左手

左手親指に指輪をつけると、自分に自信が持てるようになり、目標を実現させるという力が湧いてくる

この指に指輪をつけている人を見たら、応援したくなりますね。

右手

右手親指に指輪をつけると、勇気を与えてくれたり、人をまとめる指導力を高めてくれます

親指は「幸運を呼ぶ指」と言われていたらしく、人差し指と似たような意味を持っています。

 

世界では結婚指輪を左手薬指につけるとは限らない?

多くの国では日本のように“左手薬指”が一般的なのですが、オーストリアや北欧の国々は“右手薬指”なのだそうです。

左手薬指は、「心臓と一本の血管で繋がった指」

右手は、「血が循環を始めるところ」

場所は違えど想いは同じと言ったところでしょうか。

 

ドイツでは、婚約指輪は左手薬指、結婚指輪は右手薬指としていたり、台湾のある地域では男女で左右別の指なんてことも。そもそも指輪の風習がない国もあるのです。

 

まとめ

今回は、「指輪をつける指のそれぞれの意味」というテーマで紹介しました。

 

それぞれの意味を簡単にまとめると、

小指…自分らしさや魅力をアップしてチャンスを呼び込む。

薬指…愛を深める。

中指…行動力、判断力高めてくれる。邪気から身を守ってくれることも。

人差し指…リーダーシップを高め、進むべき道を示してくれる。

親指…勇気と信念で目的を達成出来る。

 

意味を知りその指につけることで、想いは何倍にも膨れあがっていきますよね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました